ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.01.26 Sunday

LEH2020 SPRING &SUMMER COLLECTION [THE POP STAR] START

 

  LEH2020 SPRING &SUMMER COLLECTION [THE POP STAR]  スタートしました。

 

  是非全国のSHOPにて手に取ってご覧ください。

 

  LEH OFFICIAL WEBSITEの公開は今しばらくお待ちください、今シーズンも宜しくお願い致します。

 

2020.01.15 Wednesday

煙草は文化

 

煙草は文化。煙はこの世界の矛盾を緩和する。

 

煙草の起源はマヤ文明とされ、千年以上前から人は煙草を吸っていた。

 

なぜ人は長い年月煙草を放さず生きてきたのか、そういう事を現代の人たちは考えているのだろうか?

 

デメリッドばかり先行しているこの世の中に、一つの煙草という文化を見直してもらいたいものだ。

2019.12.21 Saturday

だから同志よ目覚めよ

 

宗教、環境、思想、人種、が様々この世界で、皆は生き方もそれぞれある。僕らはそんな中で共存して生きているわけだ。

 

人々は、さまざまの事情もあり、争い、喧嘩、いじめ、すれ違いはどの時代も無くなる事はなかった。

 

それでも人々は人と向き合う事、許しあう事、他者への手助けをしなければならない。

 

混沌としたこの世界で、人々は混じり合いながら生きる。

 

それらがフィットした時、ようやく次のネクストステージに唯一向かうことができる。

 

今までもそうだったはずだし、そしてこれからも、、、基本的には何も変わらない。

 

残念だが時のスピードはすでに加速しているようだ。

 

終わりも見えている、遠くない先の未来なのである。 だから同志よ目覚めよ

2019.12.10 Tuesday

To Morocco...

 

 

1ヶ月の海外出張中に、なんとか10日程、モロッコにやってきた。

このタイミングで行くとは自分自身も想ってもみなかったものだから、なんの準備行っていない。

実際多くのトラブルと、身のある経験と、新たな考えが芽生えた気がする。

今もモロッコの事は何もわからなかったけれども、良い想い出が出来たであろう。

ウィリアムバロウズがその昔、長くモロッコに滞在したと聞いている。

もし、次ここに来るのであれば同じコースを周ってみたいと、今もそう考えている。

 

2019.12.06 Friday

Jardin Majorelle by Yves Saint-Laurent

 

モロッコのラマケシュに来ています。

大都市、ラマケシュでガイドブックを持っていない自分は、

宿に置いてあったガイドブックを見つけた。旅先の先人が俺のために置いて行ってくれたんだろう!?

そのガイドブックを俺は、しめしめと眺めてながら暗い部屋のベットの上で読み漁った。

その中に気になるページを一つ見つけた、画家ジャック・マジョレルという人物(フランス人)がマラケシュに

アトリエを所有していたマジョレル庭園はジャック・マジョレル他界後、イヴ・サンローランが

買い上げ運営を続けた。

 

現在は、その隣にもイヴ・サンローランのアートギャラリーを並行して運営されている。

俺は両方共に興味を抱いた、今マジョレル庭園はガーデンとベルベルのコレクションが秘蔵しているギャラリーが行われている。

お隣の館はイヴ・サンローラン展が常に開催されており、俺は迷わずチケット購入し、館に入ったそこはアフリカのモロッコなのだが同時にフランスさえ感じられるという、その綺麗な庭園であった。

 

自分とイヴ・サンローランがこうやってクロスオーバーするとは夢にも思わなかったし、

モードの帝王と言われた彼を垣間見た気が出来た。

 

自分も、一この業界に携わる人間としては、この先の生き方として、一つのイメージを教えてもらえた気がした。

 

 

2019.12.02 Monday

アンディ・ウォーホル VS ウィリアム・ブレイク VS ペコ

 

どなたか知りませんが、とても興味深い内容でした。

2019.11.27 Wednesday

NO SMOKING...

 

少し前に、ドキュメント映画「NO SMOKING」を観た。細野晴臣のデビュー50周年を記念した映像となるものだ。

自分はどちらかというと、坂本龍一派であったが、この映画をみてその心は揺らいだのは言うまでもない。

 

劇場中、全く期待もせずに観ていた僕は、スッと細野さんのスパイスの効いた世界に入り、とても独自なスタンスと

一見緩そうにに見える雰囲気に魅了される貴重な時間であった。

 

そして今、ジッダ航空もまたNO SMOCKINGで困っている...

 

 

Powered by
30days Album