ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.07.24 Friday

今日嬉しかった事

 

家の庭で日を浴びながら仕事をしていた、そんなさなかに私の目の前の樹木がけたたましく揺れた。

 

そんな些細な事が、今思うと嬉しかった。今日は、ときより風が強いのだと教えてくれたのだから。

2020.07.20 Monday

職業がくれる一つの恵み

 

 

『自分の職業に専念することは、よけいな事柄を考えないようにさせてくれるものだ。

その意味で、職業を持っていることは、一つの大きな恵みとなる。

人生や生活上の憂いに襲われたとき、慣れた職業に没頭することによって、現実問題がもたらす圧追や心配事から

そっぽを向いて引きこもることができる。

苦しいなら、逃げてもかまわないのだ。戦い続けて苦しんだからといって、それに見合うように事情が好転するとは限らない。

自分の心をいじめすぎてはいけない。自分に与えられた職業に没頭することで心配事から逃げているうちに、

きっと何かが変わってくる。』

 

これは、ニーチェの言葉に記されていて、今の自分の状況とこの言葉が大いに重なり大変救われた。

自分が心身ともにモチベーションを高めどう過ごしたら良いのか、が分からなくなる事が多い。それはつまり余計なことを考えすぎて、本来やらなければいけない事に集中出来なかったりしてしまう。

強くない自分をうまく仕事に逃げてみようと、頭の中の霧がぬけた。

2020.07.13 Monday

地元帰省

 

 

 

7月上旬より、小樽の家に帰省した。今年はインドに行けないからなー。

16年間休むことなく、年間2回のペースでインドに行き続けた。

行きたくて仕方なかった時もあれば、もうインド人を信じれないと身体が受け付けない時期も無くはなかった。

通年は、日常の延長というか自分自身インドは常に行くものだと思っていた。

実際コロナにより、世界がこのような状況化になってしまうと、いい意味で諦めがついて旅という仕事を

お休みするのも悪いことでは無いと、意外と自分の頭が切り替わったのも事実。

現在インドの職人とはリモートでやり取りしている。。。これは心配事の一つ、けれども考え過ぎても

良い方向に向かわないので、あまり考えすぎずにただ行い前向きに、やれることをやるようにしている。

そうしたら、意外とストレスが溜まってない気がしている。

その他にふるさとの北海道にいるのも高じているのかもしれない。

 

しばらくはこっちにいるつもりだ、山奥の家は都会と違いデザイン画を描くに集中出来る。

同じ時間を東京で過ごすよりも、モチベーションも上がった様子だし、少し自身を客観的に観ている。

朝が東京より早まり、其の分寝るのも早い。

そんな毎日だ。

2020.07.04 Saturday

香港

香港の自由砦という名が、今は寂しく聞こえている。

香港国家安全維持法は国民の人権を奪い、自由を剥奪されている。

この問題は簡単では無く、ややこしくもある。国民は何十年もかけてジワジワと毒に蝕まれたと言えるかもしれない。

中国政府は一体どれだけの国や文化を壊すのだろう。

僕の友人は会うといつもこう話してくれた、自分を誇り高き香港人だ。私は決して中国人ではない。

僕はこの香港国家安全維持法等の問題は、中国が引き起こした、チベット問題とも同じ手口であると感じている。

人々に恐怖を与え、国民は当然反発のデモを行うが、警官による暴力と逮捕を行い、力づくで刮ぎ奪うのだ。

香港人に一刻も早く、自由を。

 

 

2020.06.21 Sunday

SENSE OF LIVING By Leh × at SOBO

Sense of Living by Leh が札幌SOBOにて、6月19日より開催がスタートしました。

 

 

【Sense of Living by Leh & Archives exhibition】

 

インドをはじめ世界各地へと旅をし続けながら/海外と日本に共通する民族衣装等の引き継がれてゆくべき文化性を

『身に纏うもの・日常で機能するもの』としての生活的要素へと感性に沿って作りかえ/ジャンルにとらわれない/自由な思考で、

ものづくりをしているブランドLeh。

そしてLehでは本編とは別に/暮らしをテーマにした”活きるセンス”を意味する『Sense of Living by Leh』を展開しています。

こちらでは主に一点ものの世界各国の民族衣裳や民藝品・家具・食器・生地などを旅先で集め/

ご紹介出来るタイミングで不定期に開催しています。

現在、covid-19の影響で国外のみならず国内までも/旅行等出来ない状況ですね。

北海道の蒼氓は/Lehでお取引させて頂いているお店の中でもお客様の年齢層が最も若い印象です。

これから未来ある若い方の為に/また、ご自宅に居ながら異国のものに触れて少しでも旅したような気持ちになっていただけたら嬉しいと思い/同じ志を持つ蒼氓に託しました。

ここまでの量をonlineでお見せすることは初めてのこと。

皆様是非この機会にご覧ください。

 


6/19(Fri) START

CONTACT
蒼氓(そうぼう)
OPEN / 12:00-19:00
WEB / sobo-sapporo.com
TEL / 011-206-6598
MAIL / info@crerass.co.jp
ADD / Kowa Bld No.13 2F West1 South2 Chuo-ku Sapporo Hokkaido

2020.06.12 Friday

No Title No Message

 

Rina Sawayama

2020.05.26 Tuesday

NO TITLE

 

RINA SAWAYAMA →◎

Powered by
30days Album