ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.11.19 Monday

ヤクかわいいなー毛がフサフサで。

2018.11.17 Saturday

携帯電話ばっかり見てたら不幸になるよー。

 

日本人顔暗すぎ。

2018.11.06 Tuesday

NO TITLE

2018.11.05 Monday

『黙ってピアノを弾いてくれ』

 

チリゴンザレスの映画 『黙ってピアノを弾いてくれ』を渋谷にて観てきました。

また、この変人が好きになる内容でした。そして、ベルリンに行った時の記憶が蘇りドイツに行きたくもなりました。

上映が残りわずかなので気になる方は是非オススメです。

2018.10.29 Monday

ตาเนม : บาย (MV)

 

タイ語読めませんが、最近知人から教えてもらったこの曲ばかり聴いてます。

かなり出来が良いなー。PVでタバコを吸ってやんちゃな感じもまた◎

この音源を日本で探しましたが、全く見つかりません、、、誰か知っていたら教えてね。

2018.10.20 Saturday

38歳になり、最近ようやくまともな敬語が話せるようになった気がする。

歳を重ねても良いことがあるんだな。

2018.10.12 Friday

人生は時々素晴らしく美しい。

photo by ryo saito

2018.09.18 Tuesday

9月。

 

 

あっという間に今年も3ヶ月ちょっととなり、一年の速さを犇々感じてしまいます。

 

ようやく長い夏は終わったようで、今は秋を楽しもうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

2018.07.21 Saturday

信号はない

 

 

レーに僕は居る。

 

すでに5日ほど経っていた。なんだか腰が重くて中々借りずにきていたが、今日ようやくレンタルバイク屋に行くことにした。

 

バイクはロイヤルエンフィールド のクラシックタイプ350cc だ。ボディーの色は小豆色だった。

 

僕が昔、インドで購入して持って帰って来た車体と同じものだ。僕はこのバイクの扱いは分かっている。

 

いつもよりも遅く起きてしまった今日は、昼飯を食わずによく行くコーヒー屋でカプチーノを啜ってすぐに出発した。

 

今日は、山道をとりあえず慣らすためにゴンパのある街を、目的地に20キロ先を目指した。

 

こっちの道路は整備された道もあるが、基本山道であまり整備されていない砂利道が混じり合っている。

 

交通ルールもインド式なので、しばらくは神経をいつも以上に使ってしまう。

 

見渡す限り、広い空と岩山が目に入る。やっぱり歩いて街を徘徊するのとでは景色が違う。

 

信号機は、一台も無い。

 

次第に身体は慣れていく、道は険しいものだがとても楽しい。

 

ギアをいちいち下げる必要もなく、ただひたすら走り続ける事が今が楽しいのだ。
 

2018.07.19 Thursday

旅先で読んだ本。


Mr.Vertigo・ミスターヴァーティゴ
paul Auster/ポール オースター

柴田元幸訳

 

ポール オースターは昔友達が教えてくれた作家で初めて読んだのは、『ムーンパレス』だったな。

 

ニューヨークを代表する作家であり、『スモーク』とかは映画化されたね。どこか寂しげというか暗い物語が多い。

 

だから陰気臭いというか、合わない人には合わないかもね。僕は好きだけど。。。

 

今回の物語は、ちっと暗いながらもアメリカンファンタジーストーリー、ものすごく簡単に話すと、孤児の少年が師匠に出会い、

 

自分の力で空を飛ぶって話だ。なかなかの傑作なのでチェックです。また柴田元幸翻訳ってのがまさにパーフェクトだな。
 

 

 

went dry  (乾いちまった  禁酒になった)
Tim buck two  (遥かなる遠い場所)
get taken to the cleaners lose your shirt(洗濯屋に連れていかれる、博打で身ぐるみ剥がされる) 
dizzy  .vertigo  (めまいする)
down to earth  (足が地に着いた)

 

Powered by
30days Album