ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.01.15 Wednesday

煙草は文化

 

煙草は文化。煙はこの世界の矛盾を緩和する。

 

煙草の起源はマヤ文明とされ、千年以上前から人は煙草を吸っていた。

 

なぜ人は長い年月煙草を放さず生きてきたのか、そういう事を現代の人たちは考えているのだろうか?

 

デメリッドばかり先行しているこの世の中に、一つの煙草という文化を見直してもらいたいものだ。

2019.12.21 Saturday

だから同志よ目覚めよ

 

宗教、環境、思想、人種、が様々この世界で、皆は生き方もそれぞれある。僕らはそんな中で共存して生きているわけだ。

 

人々は、さまざまの事情もあり、争い、喧嘩、いじめ、すれ違いはどの時代も無くなる事はなかった。

 

それでも人々は人と向き合う事、許しあう事、他者への手助けをしなければならない。

 

混沌としたこの世界で、人々は混じり合いながら生きる。

 

それらがフィットした時、ようやく次のネクストステージに唯一向かうことができる。

 

今までもそうだったはずだし、そしてこれからも、、、基本的には何も変わらない。

 

残念だが時のスピードはすでに加速しているようだ。

 

終わりも見えている、遠くない先の未来なのである。 だから同志よ目覚めよ

2019.12.10 Tuesday

To Morocco...

 

 

1ヶ月の海外出張中に、なんとか10日程、モロッコにやってきた。

このタイミングで行くとは自分自身も想ってもみなかったものだから、なんの準備行っていない。

実際多くのトラブルと、身のある経験と、新たな考えが芽生えた気がする。

今もモロッコの事は何もわからなかったけれども、良い想い出が出来たであろう。

ウィリアムバロウズがその昔、長くモロッコに滞在したと聞いている。

もし、次ここに来るのであれば同じコースを周ってみたいと、今もそう考えている。

 

2019.12.02 Monday

アンディ・ウォーホル VS ウィリアム・ブレイク VS ペコ

 

どなたか知りませんが、とても興味深い内容でした。

2019.11.22 Friday

Nina Simone Isn`t it a Pity

 

魂が揺さぶられる歌声

2019.11.20 Wednesday

BOXER

 

もしも、もう一度人生やり直すなら6才からボクシング始めたかったな,,,

 

 

2019.11.14 Thursday

はいはいデリーです

 

いつも通りのデリーに到着、この時期の空気汚染はなかなかの殺人レベルなわけだけど、

 

日本で事前にニュースをたまたま見たら、今年はさらに見えない汚染がひどいと書いてあったわー。

 

人類的に言えば、汚染的なパワースポットだなここは、、、

 

今回は一ヶ月ちょっとだけど、ぼちぼちやってみますよー決して若くはないので無理せず大人対応して

 

やっていこうかな

2019.09.11 Wednesday

基本的にアンダーグランドの中で生きています。

2019.08.30 Friday

Bill Evans Time Remembered 

 

少し前ですが、ビルエヴァンス映画を下高井戸シネマにて見てきました。

ジャズピアニストの素顔が垣間見れるディープな作品です。

2019.07.26 Friday

The Catcher in the Rye

 

 

J.D.サリンジャー生誕100周年ということのようで、自伝的映画『ライ麦畑の反逆児』が少し前に公開されてましたー。

僕は、この情報に全く気づいていなかったため最近ようやくDVDで鑑賞して観ました。

物語は、小説ライ麦畑でつかまえてを製作中のサリンジャーの半生を描いてます。

サリンジャー好きの僕でも前半は淡々とした物語の内容で、眠くなってしまいましたが中盤から後半にかけてようやく物語の流れを組み取ることが出来て、集中して楽しめることが出来ました。そして、サリンジャーの作家性や彼自身の苦悩が垣間見れたのは、謎多きサリンジャーの貴重な資料かと思えます。

しかし、小説『ライ麦畑でつかまえて』に比べてしまえばそれはまた別の次元で、

小説の素晴らしさには到底及びません。

僕が読んだ時代は、訳・野崎孝でした。翻訳する方によっても言い回し、ボキャブラリーなど本の面白さはものすごく

変わってきます。僕には野崎孝さんがぴったりと感じましたが、今現在再販されているのは、訳・村上春樹のようです。

僕は正直どうかな?って思ってますが、読んでもいないので再度購入して読んでみようかと思います。

『百聞は一見に如かずという言葉』もあるので、、、

違うか?!

Powered by
30days Album