ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.07.26 Friday

The Catcher in the Rye

 

 

J.D.サリンジャー生誕100周年ということのようで、自伝的映画『ライ麦畑の反逆児』が少し前に公開されてましたー。

僕は、この情報に全く気づいていなかったため最近ようやくDVDで鑑賞して観ました。

物語は、小説ライ麦畑でつかまえてを製作中のサリンジャーの半生を描いてます。

サリンジャー好きの僕でも前半は淡々とした物語の内容で、眠くなってしまいましたが中盤から後半にかけてようやく物語の流れを組み取ることが出来て、集中して楽しめることが出来ました。そして、サリンジャーの作家性や彼自身の苦悩が垣間見れたのは、謎多きサリンジャーの貴重な資料かと思えます。

しかし、小説『ライ麦畑でつかまえて』に比べてしまえばそれはまた別の次元で、

小説の素晴らしさには到底及びません。

僕が読んだ時代は、訳・野崎孝でした。翻訳する方によっても言い回し、ボキャブラリーなど本の面白さはものすごく

変わってきます。僕には野崎孝さんがぴったりと感じましたが、今現在再販されているのは、訳・村上春樹のようです。

僕は正直どうかな?って思ってますが、読んでもいないので再度購入して読んでみようかと思います。

『百聞は一見に如かずという言葉』もあるので、、、

違うか?!

2019.07.22 Monday

Become only one...

Lonely...

Grow...

Able to...

Philosophy...

Activist...

Genuine...

Love...

Knowledge...

Influential...

Geting There...

Begining...

Innocent...

Almost always...

Fluent...

Being`s life...

Bark...

Effect...

Just imagine...

Focus...

Just like that...

our...

our self...

Temptation...

Independence...

Confidence...

Revolution...

Justice...

Destiny...

Purpose...

Master piece...

 

 

 

2019.07.14 Sunday

Kelsey Lu

 

 

 

少し前に日本にも来日講演を行った、Kelsey Lu を友人に教えてもらってそれから少しづつ掘っていき、

今はよく聞いている。彼女、日本での認知度もまだ高くないかと思いますが、素敵です。是非

2019.07.01 Monday

ギンガニノッテ

 

バンドセットノカネコアヤノライブミタイッス

2019.06.29 Saturday

町でいちばんの美女

 

酔いどれ詩人チャールズブコウスキー旅の最中に読むにふさわしい作家

男女の性を知り尽くし、尚も酒と女を愛した哀愁の詩人

2019.06.28 Friday

僕たちは希望という名の列車に乗った

ラース・クラウメ監督作品 

日本帰ったらこの映画観たいな、もうどこも終わってるかなー。

 

 

2019.06.24 Monday

布と木

 

古い布や古い木は、なんて表情豊かなんだろう。

触り心地は生き物を触るような感覚だし、鼻を近づければ自然の匂いがする。

それらは全て天然の素材であり、そして人々が全てのプロセスを手作業で行なった結果なのだ。

そういった息の吹きかけた物は、丈夫であり未来に残ることも出来ている。

2019.06.19 Wednesday

昨日の雨のおがげで、今日は過ごしやすい一日でした。

 

今日もそそくさとお仕事へ、ドライバーさんは今日も居眠りをしてましたー。

 

いつもより気温が下がり、ふと見た温度計は35度、(壊れてるのかな?)今日も平和です。

2019.06.09 Sunday

旅の始まり。

 

今日僕は、いつものようにインドへと出発しました。

今回JALの飛行機の中で、すぐに映画でもと思い、目の前のモニターから気になっていたGREEN BOOKを鑑賞しました。

GREEN BOOKは、私ははあっという間にとラマの中に入り込み今年一番僕が見た映画で素晴らしいと思える内容の作品でした。

もし劇場で大きな画面であればもっとこの映画に感動できただろうと今また思えます。

この作品の中で大きなテーマは人種差別です。人種差別は世の付きものであり、今日来たインドにも根深い問題です。

これらは日本だって有る問題なのです。

それらを見事な角度でリアルに捉え伝え、そしてその中で生きていかねばいけない人間の強さと弱さを見事に魅せてもらえた名作だと私は思えならない。

主演の2人がまた最高なんだな。

 

 

2019.06.08 Saturday

ROMA

 

アルフォンソ・キュアロン監督の映画ROMA 見ました。

独特の空気感とモノクロの映像、日常の一コマを美しく魅せてしまうカットは、監督自身が撮影したそうだ。

ストーリーは生々しさと痛々しさが重なりながらも、素晴らしい人間ドラマを見せる。

是非劇場で観る事をおすすめしますが、見れない方はネットでも見れるそうです。

 

 

 

Powered by
30days Album