ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NO TITELです。 | main | MAGAZINE INFORMATION >>
2015.10.05 Monday

こどもの道



こころになんのおそれも抱かず

あたまはつねにはっきりしていて

大いなる好奇心と共に一日を送り

砂でお城をつくるようなむずかいしいことに挑み

木久のなかのリスたちのようにおいかけまわり

友だちと共に 歌い 笑い そして歩く



母親に抱きしめられれば

問題は一瞬のうちに解決し

つぎの瞬間にはきれいに忘れて

友だちが傷つけば共に泣く


なにかひどいことが起こりやしないかと

不安な気持ちで目を覚ますこともなく

子どもたちは日々 素直なハートのまま

今日はどんな素晴らしいことができるかと

毎朝一日への期待とともに目を開く


友だちと自分と違っても気にせず

肌の色も 宗教も 性別も

着るものも 背の高さも 話し方も

そのようなことはまるで気にならない

なぜならもともと人は そうした偏見など

なにひとつ持たずに生まれてきたのだから


子どもたちは友だちと一緒にいるのが好き

彼らは友だちの瞳のなかに自分の姿を見る


なにひとつ見返りを求めず

持っているものを分けあい

遊びのなかでけがをしても

し返しなどは考えもせず

うらみをつのらせることもない


子どものスピリットに入り込む悪事はすべて

周囲の大人たちがそこに入れたもの

ハートははじめから荒れているわけではない


子どもたちはいつも愛だけを求め

いかなるときにも惜しみなく愛を与える


子どもの道には愛があるだけ


大人たちが子どもの道を歩きはじめれば

世界はきっと素晴らしくなる


(北山耕平著 ネイティブ・アメリカンとネイティブ・ジャパニーズより抜粋)
コメント
北山耕平さんの本同じくすきです。
  • so
  • 2015.10.13 Tuesday 20:50
北山さんの本にはたくさんの知恵がありますね。
  • mikami
  • 2015.10.18 Sunday 14:10
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album