ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 近頃、これを買うか買うまいかを本気で悩んでおります。 | main | INDIA 〜AFRICA >>
2016.06.26 Sunday

JUZU a.k.a. MOOCHY 2枚同時アルバムリリース

Title「Counterpoint X/Y」

少し前のお話ですが、友人のJUZU a.k.a.MOOCHY が昨年末に2枚同時アルバムをリリースしましたー。

制作期間中から制作の経緯をお話して頂いておりました。その中で、アルバムジャケット表紙で僕が集めてきた民族布を使用したいと

行ってくれたので、喜ばしい事だと思いすぐにOKし、いくつかの打ち合わせをしていきましたが、最後までどのように仕上がっていくのか僕はイメージ出来ませんでした。ムーチー君からお話があったのは色々な布のコラージュになると言うものでした。

そして、昨年末にリリースが無事が決まり、うずうずして手に取ったのがこの2枚です。

最初、目が点になる感じがしました。『うん。まさにコラージですね。』用意させてもらった布たちは一体どれなのか正直、僕にも分かりませんでした。なんだか僕はやられたなーと思っておりましたが、

そのあとになんだか笑えててきて、やっぱりこの人は、つかみどころが無くて面白い人だなーって。

さらにこの2枚のアルバムを自宅で聴いて驚かさせられましたー。この人の音は自身の持つエネルギーを感じさせたり、

抜群の打込みセンスと、そして何より僕が好きなのは、以前から民族性が大変強いものであり今回もバラエティに富んだ作品でした。

 

僕は着るものを作るのである意味、この方のように民族性のある服を創りたいと思えましたし、これはどこかシンクロシティであり互いのルーツを感じる事が出来るようでとても面白いです。是非この素晴らしい作品に狂れて聞いて下さい。

 

以下詳細、

自身のレーベル:CROSSPOINTを主宰し、世界各地でのDJやLIVE、そして数々のリミックスワークやプロデュース業をこなしながら、世界の様々な 場所へ自ら赴き、現地のミュージシャン達とのコラボレーションから誰も聴いたことの無い音世界を構築してきたJUZU a.k.a. MOOCHY(以下J.A.K.A.M.)ですが、本シリーズは今までの流れを継承、内包しつつ、今まで以上に想像力を掻き立てる境地へ突入した、 まさにワン&オンリーな作品に仕上がりました。
そこにはJ.A.K.A.M.自身の"地球人"的な視野の広さと洞察、そして強い思いが込 められています。COUNTERPOINT=対位法(独立に進行する二つ以上の旋律を同時に結合させる作曲技術)をタイトルに掲げて作り出されたこのシ リーズですが、この言葉が本来持つ意味に留まらず、 そこから想像できるこの世に存在するあらゆる"対位"を音楽の中で 融合、結合させる事に果敢に挑み続ける自身の姿勢は、ある意味昔から現在まで変わりませんが、このシリーズでその表現がより強力に、そして大きく、しなや かになっていったのは明らかです。音や世界への探究心が結実した、現在進行形の特濃ダンスミュージック! 2作(両サイド)共に地球規模で広がる民族(音楽)回帰のインスパイアとなることは間違いありません!
この深く、 濃いエキスの音の海原に、ぜひ爆音で浸って聴いて頂きたいと思います。その先には体感した者だけが味わえる、音楽が持つ純粋な"快楽"が待っています。
https://twitter.com/Juzuakamoochy

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album