ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.10.10 Wednesday

本日みちよしの、ど真ん中ラジオに出演させてもらいます。

 

10年近く腐れ縁の旧友みちよしのラジオ番組に出ることになりました(汗。)

彼との昔の話や、LEHの初めた経緯など楽しく話せたらと思います。

 

こちらは以前、みちよしとLEHのイメージサウンドをテープとして出した時の音源です。こちらも良かったらダウンロードして聴いてみてください。未だに古い感じはしないと思います。

LEH MIX CD

 

 

収録された内容は後日に、アーカイブとして聞けるそうですので宜しければ聞いて見て下さい。

「ど真ん中ラジオ」
週のど真ん中水曜日に東京のど真ん中で行われる宴会型ラジオ番組
アーカイブ
https://www.mixcloud.com/domannaka_radio/

2018.09.18 Tuesday

9月。

 

 

あっという間に今年も3ヶ月ちょっととなり、一年の速さを犇々感じてしまいます。

 

ようやく長い夏は終わったようで、今は秋を楽しもうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

2018.08.26 Sunday

LEH WEB SITE 更新と共に 2018-19A/W Collection 公開しました。

 

印 京都での展示が終わりました。

LEH WEB SITE 更新と共に 2018-19A/W Collection 公開しました。

是非ご覧ください。http://leh.jp

 

今は、19S/Sに向け邁進中。

2018.08.08 Wednesday

Leh /Archive Installation At 印

 

かねてよりLehをお取り扱い頂いております
京都の”印 裏寺本店”にて、8/10~8/26の間、
期間限定のArchive Installationを行います。
京都での開催・印での催しは初ということで、新作の秋冬をはじめ、今回限り特別価格の過去のArchiveをMAINに、
今年は開催予定の無かったSense Of LivingもMIXした特別プログラムとなります。
INDIAより仕入れてきたばかりのAntiqueパーツを使用したKEY RINGも今会期の為に数量限定でご用意。
美術館にあられる様なトランシルヴァニア地方の民族衣装や、TIBETのとても貴重なティクマ文様のDRESSなど
他、未だお披露目していないフレッシュな商品も初出し致します。
夏真っ盛りの時期、着て見て楽しめる内容となっておりますので
皆様是非お越しください。

2018.08.05 Sunday

追悼

2018.07.21 Saturday

信号はない

 

 

レーに僕は居る。

 

すでに5日ほど経っていた。なんだか腰が重くて中々借りずにきていたが、今日ようやくレンタルバイク屋に行くことにした。

 

バイクはロイヤルエンフィールド のクラシックタイプ350cc だ。ボディーの色は小豆色だった。

 

僕が昔、インドで購入して持って帰って来た車体と同じものだ。僕はこのバイクの扱いは分かっている。

 

いつもよりも遅く起きてしまった今日は、昼飯を食わずによく行くコーヒー屋でカプチーノを啜ってすぐに出発した。

 

今日は、山道をとりあえず慣らすためにゴンパのある街を、目的地に20キロ先を目指した。

 

こっちの道路は整備された道もあるが、基本山道であまり整備されていない砂利道が混じり合っている。

 

交通ルールもインド式なので、しばらくは神経をいつも以上に使ってしまう。

 

見渡す限り、広い空と岩山が目に入る。やっぱり歩いて街を徘徊するのとでは景色が違う。

 

信号機は、一台も無い。

 

次第に身体は慣れていく、道は険しいものだがとても楽しい。

 

ギアをいちいち下げる必要もなく、ただひたすら走り続ける事が今が楽しいのだ。
 

2018.07.19 Thursday

旅先で読んだ本。


Mr.Vertigo・ミスターヴァーティゴ
paul Auster/ポール オースター

柴田元幸訳

 

ポール オースターは昔友達が教えてくれた作家で初めて読んだのは、『ムーンパレス』だったな。

 

ニューヨークを代表する作家であり、『スモーク』とかは映画化されたね。どこか寂しげというか暗い物語が多い。

 

だから陰気臭いというか、合わない人には合わないかもね。僕は好きだけど。。。

 

今回の物語は、ちっと暗いながらもアメリカンファンタジーストーリー、ものすごく簡単に話すと、孤児の少年が師匠に出会い、

 

自分の力で空を飛ぶって話だ。なかなかの傑作なのでチェックです。また柴田元幸翻訳ってのがまさにパーフェクトだな。
 

 

 

went dry  (乾いちまった  禁酒になった)
Tim buck two  (遥かなる遠い場所)
get taken to the cleaners lose your shirt(洗濯屋に連れていかれる、博打で身ぐるみ剥がされる) 
dizzy  .vertigo  (めまいする)
down to earth  (足が地に着いた)

 

Powered by
30days Album