ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.12.25 Tuesday

O (Fly On)

2018.12.22 Saturday

Dark Necessities

 

2018.12.20 Thursday

Back To Black

2018.12.19 Wednesday

Debaser

 

 ニルバーナーのカートコバーンはピクシーズの『Debaser』のリフにインスピレーションを受けて、

『Smells Like Teen Spirit』を作ったそうなー。

 

どっちの曲も懐かしいなー。

2018.12.15 Saturday

インド人の計算

最近よく行くパールガンジーのレストランはWifiもあるし、安くて早いそしてそして味も良しと、ゆーことなしなのだ。

 

今日もまず、いつも通り定番カプチーノとチキンチョーメン(焼きそば)指差し僕は注文する。

 

料理はすぐに僕の目の前に来る。そして僕もサクッと食べ終わった。少し物足りなさを感じバターマッシュドポテトを再注文した。

 

カプチーノと一緒に、マッシュドポテトもすぐに食べ終わってしまった。

 

その後はだいたい、食べ終わるとすぐに僕は立ち去る。

 

今日も同じようにすぐに勘定を頼む。いつもいる若い定員は、まずメモ紙にカプチーノ60RS,チキンチョーメン100RSと書き160RS

 

になっていた。それを僕は黙って見ていた。

 

そして、彼は思い出したようにマッシュドポテトが70RSと付け加えた。そして、計算を始めた。

 

なかなかその計算が弾かれない、僕はすでに230RSと暗算していた。それで500RSを僕は彼に渡した。

 

そこでついに電卓が登場した。僕は暗算していたので残金は270RSだよ!と言った。

 

彼は、計算機を使わずに僕に270RSを返してくれた。僕は憐れむような目をして彼を見た。

 

そして、僕はその場を立ち去るつもりで店を出ようとした時に彼が、僕を引き止めた。

 

今度はどうした?とカウンターに僕は戻った。彼は、僕に渡したお釣りが正しくないと僕を引き止めたらしいと、

 

その時に分かった。なので僕はその計算機で、丁寧に計算を再度して上げた。

 

もちろん電卓の画面には残金は270RSになっていて、それを見せて僕はまたくるっと廻って振り返り立ち去った。

 

僕はこのような経験が過去に有った、よく世の中ではインド人は100の位まで掛算、割算を暗算で出来るなんて聞くことがあるが、

 

それは間違った情報だと思うよ。そんな奴は多分かなりの少数である。

 

彼に関しては、3品の足し算もなかなか出来ていないのだから。

 

 

 

 

2018.12.14 Friday

旅先での仕事は、なかなか捗りますなー。

2018.12.13 Thursday

where is my mind

2018.12.11 Tuesday

赤信号インド人と渡れば大体大丈夫!

2018.12.09 Sunday

J.クリシュナムルティ

2018.12.07 Friday

インドに着いた。

 

いつも通りデリーに着いたので、ビーサンを買いにマーケットを歩く。

 

いつものサンダルを購入し、ホテルに戻りシャワーでも浴びるかと先ほど買ったブルーのビーサンを

 

出す。指の感覚がおかしいと、足元を見たら両方右の足型ではないか、、、もうすでにインドは始まったようだ。。。

 

ありえないな。

Powered by
30days Album